君の名は?

お盆明け、少しリフレッシュした感のある通勤電車に乗って
打合せに行ったクライアントの受付。

素敵な女性に出会い、
生まれて初めてのことをしてしまいました。

その女性は、立派な受付スペースに物怖じすることもなく、
この暑い中しっかりスーツを着込んで飛び込み営業していました。

その営業女性は、
「お約束はなく~、以前の名刺なので異動されたかもしれないので総務の~」と
まさに、まさにの営業トークをしていたので、体良く断られていたのですが
彼女はそれに品よく食い下がっていました。

なぜか「いいなぁ」と野生の勘が疼いたのか

私は気づいたら走って追い掛けていて、
「もし転職考えることがあったら連絡下さい」
と名刺渡していました。

20140818062053

初めてあんなことをしたのだけれど、
誠実そうな人だったなぁ。

私も前々職の新人時代に営業電話を掛けたり(毎朝8時から進捗報告会議で詰められ涙)
何とか入口を突破したTV局や媒体社内での飛び込みアポをしていた経験もあるので、
余計に彼女の物怖じしなくて、でも清々しい飛び込みスタイルは印象的でした。

PRは決してキラキラしたものでもなく、
インテリジェンスのあるストラテジックな~というカタカナ的ものではなく、
本来は会社や仲間や製品を輝かせるための裏方であり、
脳みそと心と体とで汗をかく仕事だという持論もあり、

また、現場で情報を持ってメディアに訪問する場合も、
PRはお金を払う広告ではないので、媒体や読者や情報価値を考えて
WinWinを探る様々な交渉があるのですが、
そんな時でもこういう清々しい人とできたらいいなぁと思ったのかもしれません。

それと、私たちのPRはコミュニケーションは受け手が決めるという原則に寄り添うため、
一緒に考えたいと思うクライアントや記者さんと話したり、
関心のある読者や視聴者を考えている記者さんを探し出して向かうので、

先にいる伝えたい人のことを一緒に思いながら
伝えたり考えたり動いたりできる仕事という性質上、
営業で門前払いということもなく、
彼女はもっと素敵になるんじゃないかと思って走っていたんだと思います。

よくよく考えると、あやしいナンパのようなことをしてしまったのですが・・・(汗)
他愛もないワンシーンでも見ているヒトもあるということで・・・

目の前の人と、その先にいる人のことを考えて
伝える仕事をしたい人をエポックシードでは絶賛募集中です。

ぜひ、これを読んで、私かも
または我こそはと思う方はinfo[@]epochseed.jpまでご一報ください。

 

 

 

9/18 SurveyMonkey社のプレスイベント裏話

昨日、9月18日にフリーミアムのセルフアンケートサービスサーベイモンキー社
プレス向けイベントを恵比寿のライブハウスリキッドルームの2階にあるTime Out Cafe&Diner で行いました。

今回ちょっとお伝えしたかったのが
なぜ、この会場にしたかという点です。
続きを読む

ソーシャルメディアサミット2013を開催

本日AMNソーシャルメディアサミット2013が開催され、
多くの方にご参加いただきました。(ハッシュタグは #サミット)

パネルディスカッション1の会話戦略の視点「アンバサダーを作るユーザーリレーションのために必要なこと」を皮切りに、企業がソーシャルメディアを活用する上での多くのナレッジが共有されたのではないでしょうか?

今日のソーシャルメディアサミットは、企業側の「アンバサダーサミット」であり、
日本のブログ10周年を記念して8月24日にコンテンツを紡ぐ側の「ブロガーサミット」を開催する予定です。

プロジェクションマッピング@東京駅

大手町で夕方打合せを終えて
クライアントと東京駅に向かおうとしたところ
いつにも増して凄い人だかりで「さすが年の瀬の東京駅」
なんて思っていたら・・・
なんと噂の東京駅でのプロジェクションマッピングに遭遇。

凄いスケールで繰り広げられるプロジェクションマッピングに
ただただ皆口を上げながら、目を奪われていました。

予期せぬ出来事だったので、
年の瀬に頑張っていたご褒美のようでとっても幸せな気分になりました。